Splife Blog

職場環境が変わる時
2019.10.10
カテゴリ
黒崎センター
タグ
#就職者
#定着支援
#北九州市

こんにちはスプライフ黒崎センターです。

昼間はまだ少し気温が高いような気がしますが、先月に比べるとだいぶ過ごしやすくなり体の軽さを感じるようになってきました。

 

みなさんはお世話になった上司が異動などで変わると言う経験はありますか?

 

働く上でこれまで自分の障害特性や作業能力などを理解してくれていた上司が変わると、

「体調が悪い時はお休みがもらえるのかな?」

「以前伝えていた障害特性による配慮はもらえるのかな?」

「新しい上司は自分のことを理解してもらえるかな?うまくいくかな?」

などの不安が出てきたりします。

 

今回は、これまで安心して働けていたのに上司の異動が決まってこのような不安が大きくなってきていた時の支援についてお話しをさせていただきます。

 

Sさんは就職してもうすぐ2年経とうとしています。

てんかんの障害をお持ちで、ここ1年程度は発作が起きる事なく就労する事はできています。

しかし、過度のストレスや疲労を感じた際は依然として発作が起きる可能性があるので、企業担当者には、Sさんに過度なストレスがかからないような業務振り分けと職場環境の配慮をお願いし、てんかん発作時の対応方法や連絡先をお伝えしていました。

 

しかし、先日定期面談を行った際、Sさんから「上司の方が変わる」と報告を受け、不安な点を伺ったところ「新しい上司に今までと同じように自分のことを理解してもらえるだろうか?」ということをおっしゃっていました。

そこで、改めて新しい担当者に、現状のてんかん発作時の対応方法をお伝えするため書類を一緒にまとめてみませんか?という提案をし、Sさんがお休みの日に来所していただいて、一緒にまとめることになりました。

※ 写真は書類をまとめている途中の悩んでいるSさんです。

 

書類をまとめることでSさん自身も整理がついてきたようで、この書類を持って新しい上司の方に説明し、ご理解いただけたようです。私も同席していましたが、Sさんは安心した表情になり、とてもよかったです。

 

スプライフでは利用者さんの特性に応じて業務を行う上で必ず配慮が必要なことを企業の方に理解して頂ける為の支援をしています。

 

Sさんこれからもお仕事頑張ってください!

さあ、あなたのペースで
はじめましょう。

ご相談はこちら Contact