Splife Blog

就職活動における自己分析の必要性
2020.07.01
カテゴリ
薬院センター
タグ
#訓練
#福岡市

こんにちは、薬院センターです。

新型コロナウイルスの影響でまだ安心できない日々が続いていますね。

一方で、緊急事態宣言が解除されてから、企業やお店も徐々に通常営業に戻りつつあります。

そのような中で、そろそろ就職活動の動きを始めたいけど何から始めたらいいか分からない…という方に向けて、今回は就職活動における自己分析の必要性についてお話ししたいと思います。

 

【もくじ】

1.自己分析とは?▼

2.なぜ就職活動で自己分析が必要なのか?▼

3.自己分析で得られるもの▼

4.自己分析の方法▼

5.まとめ▼

 

 

1.自己分析とは?

まず始めに、自己分析とは、就職活動で自分の仕事の能力や熱意を相手に伝えるために自分の価値観や思いを探していく作業です。

就職活動をする中で自己分析という言葉は必ずと言っていいほど耳にします。

では自己分析はなぜ必要なのでしょうか?

また、どのように行っていけばいいのでしょうか?

 

 

2.なぜ就職活動で自己分析が必要なのか?

 就職活動で自己分析が必要な理由は大きく分けて2つあります。

◇自分にとって正しい決断を行うため

就職活動では、どの業界の、どの会社を選び、どの職種を志望するかという判断をしなければなりません。

この判断を誤り自分に合わない仕事を選択すると、その仕事を選んだことに後悔してしまうかもしれません。

仕事選びで後悔しないために、自分の長所短所や特徴、これまでの経験やその中で培ってきた価値観などの自分の要素をしっかりと踏まえたうえで就職選択を行うことが必要になります。

◇採用担当者に「ぜひ採用したい!」と思ってもらうため

就職活動では、他の応募者と比べて「ぜひ採用したい!」と思わせる何かを持っていなければいけません。

そのためにまず必要なのは、自分に自信を持つことです。

自分に自信が持てる要素は何かをしっかりと認識する必要があります。

次に、採用担当者に対して入社後に活躍できる人材であるということを示し、期待を抱かせなければなりません。

そのために必要なのが志望動機です。

だからこそ、自己分析を通して、その証明に必要なエピソードやネタをしっかりと厳選し整理しておく必要があります。

 

 

3.自己分析で得られるもの

自己分析の作業は、過去の自分を振り返り、掘り下げ、整理することが中心となります。

一見、後ろ向きで意味のない作業にも見えますが、この作業を通してあなたの未来に繋がるものが得られます。

現在の自分の考え方や価値観、新たな魅力、得意分野を知ることによって、例えば、自分が目指したいビジョン、成し遂げたいビジョン、実現したいビジョンなど、自分の未来を描けるようになるのです。

これによって、将来の自分に期待を持つことができるようになり、この自分自身への期待はモチベーションアップにも繋がります。

 

 

4.自己分析の方法

では具体的にどのようにして自己分析を進めていったらいいのでしょうか。今回は様々な方法の中から一つの方法をご紹介します。

それは、これまでの人生を振り返り、出来事やエピソードを紙に書き出したら、その一つを深掘りしていくという方法です。

「頑張ったこと」「楽しかったこと」「大変だったこと」などの一つのテーマを決める。

「頑張ったこと」をテーマとしてあげるなら、今までの人生の中で「頑張ったこと」を様々なシーンで振り返り、挙げてみる。(部活動、受験勉強、アルバイト…など)

その中の一つをどんどん掘り下げてみる。

アルバイトであれば、アルバイトに取り組むにあたっての動機や目標、その過程での困難な出来事とその時の気持ち、その困難に対しての努力や工夫、また、かかわった人の感想や評価、やり遂げた時の自信…などです。

この過程を通し、あなたが何を大事にしているのか、何に価値を感じているのかが見えてくるはずです。

このように、自分の活動を深く振り返ることで、エントリーシートや面接に必要なネタが得られ、それと同時に自分を深く知ることにもつながります。

 

 

5.まとめ

いかがでしたか?就職活動における自己分析の必要性が理解できましたでしょうか。

スプライフでは今回ご紹介した自己分析の方法以外にも、様々な方法での自己分析の訓練に取り組んでいます。

その他にも、履歴書作成対策や面接対策など、就職活動に向けたより専門的な訓練も行っています。

興味を持たれた方はぜひお気軽に無料体験にご参加ください。職員一同心よりお待ちしております。

さあ、あなたのペースで
はじめましょう。

ご相談はこちら Contact